チェロ活動を見なおす(3)

2012-5-23

練習時間不足・チェロの技量の停滞・発表会の準備・経費削減・コワイ先生ストレスの5つの理由で,私は当分の間オケを休団したいと思っている。

今期の練習で千秋先生がはじめていらっしゃる日,私は決心した。『休団しよう。今日はパートの皆さんにお別れを言おう!』。そして,車に楽器を積んで出かけた。

メール1本で休団を伝えるのは,ずっとお世話になった皆さんに申し訳ない。行ってご挨拶しなければ,というのは一種の大義名分で。
たまたま,その日はTV取材があったんだよね−。取材が来るなら見たいというミーハー心が,コワイ先生ストレスに打ち勝ってしまったのだ。

千秋先生はいつも,後になればなるほどコワクなる。初期の練習では大抵笑顔だ。
今回も笑顔で練習が始まった。取材スタッフが入るまで,通したり,部分を取り上げてパートごとに弾かせて点検したり。いつもの合奏の練習が始まった。

チェロの4divハーモニーの確認があって,音程がピタッと嵌った時は気持ち良かった。私もイイ線行けるじゃない! とイイ気分。
実は全然練習できないままに行ったのだけど,弾けるところが結構あるのにも気付いて結構楽しかった。練習したら,もっと弾けてもっと楽しいだろうなー。
合奏は楽しかった。休団を考えた5つの理由のうち,コワイ先生ストレスは棚上げにしてもいいなー,と思えるくらいに。

TV取材のスタッフが来ると,千秋先生は頼まれるままに辛抱強く応対していらっしゃった。チェロも近くにカメラを据えられて,ドキドキだった。

練習が終わる頃には休団を告げるはずの決心は鈍ってしまい,休団宣言は見送って,いつものように賑やかに感想を交わして帰宅した。

楽しくて休団の決心が鈍ったのはいいとして…。さて,練習時間の不足・技量の停滞問題・発表会の準備・趣味費用の抑制問題はそのまま残っている。今後どうするんですかね,私は?

Category: Today 2 comments »

2 Responses to “チェロ活動を見なおす(3)”

  1. ひみゆ

    cloverさん、こんにちは!
    いつもなら、執拗にチェックして笑、更新されるとワクワクと読ませていただいてきたのですが、今回はすみません、まとめて読ませてもらってます~でも、こうしてパソコンでお気に入りの場所へ行ける自由が戻ってきました!

    みっつの記事を読みながら、これは私が書いたのかも・・などと思ってしまいました笑

    わたしはものすごくゆるいパート主婦であることと、アビテックスを手にいれた関係で、時間的には恵まれた環境にありますが、その他の点についてはほんとうにわかるわかる。。と読んでしまいました。
    千秋先生的なこともあったし、難曲すぎて(シェヘラザードの時)休もうと思ったこともあったし。

    出来たらオケは八月から復帰しようと思っている自分ですが、今現在、交響曲の譜面を抱えていない、というのがものすごく新鮮でヘンな感じがしています。
    いつもかならず傍らにある、いつも譜面台にのっている、オケの譜面がひとつもない、というのは、すごくゆとりがあって、ヘンな感じです。
    「どんなに格闘しても最終的には「それ風に」しか弾けないとわかっている」譜面と格闘することを嫌う人もいれば気にしない人もいるし、楽しみ方も色々、なんですよね。

    正しい答えって、ありませんものね、一人一人の環境や気持ちや好み、100人いれば100通りって感じでしょうか。
    発表会も控えて、時間のやりくりも大変かと思いますが、cloverさんは、きっと、cloverさんにとって最善の選択をされていくと思います。
    楽しいチェロとの時間を、これからも過ごしたいですね、お互いに。

    おかげさまで、退院して、楽器を弾くことに支障がないことがわかって、思いきり泣きました、嬉しくてただただ涙でした。
    少し力が抜けて、退院したら上手くなってたらいいなぁ、という淡い期待はもろくも崩れましたが笑、でもまた楽器を手にできて、ただ幸せを感じました。
    これからも沢山楽器から力をもらいたい、そんな気持ちでいます。

  2. Clover

    ひみゆさん

    おめでとうございます! 
    そして,チェロのある生活におかえりなさい!
    またひみゆさんのお声をネットで聞けるようになって,私はとても嬉しいです。 \(^-^)/

    ひみゆさんの足元にも及ばないヘタヘタの私ですが,近い時期にチェロをはじめて,オケで奮闘していらっしゃるひみゆさんは,お目にかかったことはないですが,ある意味「戦友」です。
    夏からご復帰とのこと,本当に本当に良かったです。
    これから,オケの再開に向けて楽しみの助走ですね。^^

    オケ活動は出来るだけ長ーく楽しみたいと思っています。バロックのアンサンブルの響きもいいけど,オケの曲の野越え山超えの果てのクライマックスに比べたら,とてもとても。。。オケの楽譜の煌びやかさの魅力は別格ですね。

    チェロを抱えた人生の先は長いですから,時間的に厳しい時は休団アリ,自分が技術的にどうかなと思ったた休団して修業もアリで,ゆっくりゆっくり参ります。

    とにかく,
    ひみゆさん,ご復帰,本当におめでとうございます!
    オケ復活まで助走の時間をゆっくり楽しんでくださいね。
    お大事になさって!

Back to top