新しい弓

2013-2-10

IMG_0881.jpg

縁があって,新しい弓を買ってしまった。

今まで使っていたBernardは悪い弓ではない。しっかりと腰があって音量もよく出る。

でも,音符が細かくなると,弓先に錘が付いているような感触になる。

弓に固有の振動数があってそれ以上の速い動きに対して抵抗するかのような抑止力が弓先に発生し,それが右手に伝わってくるのだ。そして,『弓が私を遮るから,私はこれ以上細かい音符は弾けないの…(グスン)』 となるのだ。

私が下手くそだから弓に振り回されてしまうのか,非力だから弓をコントロールしきれなくなるのか…。いまいち判断が付かないが,とにかくチェロを始めてからずっと私は弓とは上手く行ってないのだ。

ところが1月のとある日のこと,幹弓さんに「また新しい弓ができましたよ」と声をかけて頂いた。とてもありがたいことだ。

前回は、今ひとつしっくりしなくて見送ったのだが。
今回の弓は,工房でちょっと楽器に当ててみて『もしかしたら,この弓とは一生のお友達になれるかも』という感じ。見せて頂いた弓を1週間お借りして,レッスンに持参して先生に弾いて頂いたり,オケの練習に持参して弾きまくったり,家で毎日弾いたり,つまり好きなだけ試奏させて頂いた。

特に,オケに持っていった時に,この弓は弾きやすいし,手放せないと感じた。
そして,(万事節約を建前とするの財政状態ではありますのだが、思い切って)購入を決意したのだ。

この弓は,練習したらこれから弾ける部分が増えていくのでは? と思わせる弓なのだ。
何よりバランスがいいのだと思う。とても扱いやすいし,引っかかりも少ない。ふと思いついて重さを量ってみたら,77gの軽さだった。

レッスンもオケもアンサンブルも続けてはいるのだが,弓問題に象徴されるようにブレークスルーがなくて,マンネリ気味だった。
しかし,頼りになる右手と言うべき弓の登場で、モチベーションが高まった。これからもずっとチェロを楽しんで行けそうな弓にやっと巡りあえてとても嬉しい。

Category: Tools and Softwares 2 comments »

2 Responses to “新しい弓”

  1. hideo

    お久しぶりです。良い弓に出会えてよかったですね。77gですとベルナルドよりも7gぐらい軽いでしょうか。肩への負担も少ないと思います。バランスが良くて弾きやすいというのは一番ですね!

  2. Clover

    Hideoさま、

    お久しぶりです。こんばんは!
    過疎の放置Blogにようこそ いらっしゃいました ^^

    新しい弓の重さの差は,手に持ったときの感触としては意識できないくらいなのですが。たまたま思いついて計ってみたら77gでした。
    新しい弓は,私のBernardよりは5g軽いです。

    でも重さと言うよりは,全体のバランスがいいのではナカロウカ,と感じてます。

    幸いなことに私は肩の方はOKなのですが。
    自分の二の腕のたるみの重みと,弓先の重みとの,2つのファクターが,素早いボウイングの支障になっているのではなかろうか? と常々かんがえておりました。
    新しい弓を得て,二の腕のたるみはボウイングには関係ないような気がしています。(;^_^A

Back to top