Category: Things


もの好き

2010-8-25 — 8:21pm

P1000024どういう経緯か? ふと『パスタマシンがあれば楽しいのでは』と思いついた。

検索してみると,「パスタマシンでこんな料理が簡単に出来ました!」,と楽しそうに書いているブログばかりが見つかる。海外在住の方々も『パスタマシンがあれば,パスタ,うどん,蕎麦どころか,中華麺も楽しめます! 』と嬉しそうだ。

つまり,ネットの世界には,パスタマシンで楽しんでいるヒトは一定数いるらしいことが分かった。

(無用の長物の棚卸しをして,「ウチでは,×××は棚の片隅でホコリをかぶっています。あんなの買わなきゃ良かった!」 なんてことを,わざわざブログに書くような暇人はあまりいませんでしょうし。)

私とパスタマシンとの最初の遭遇はもう40年ほども前の高校時代。
地元のデパートの煌びやかな食器売り場の一隅に,パスタマシンが出ていた。
高校の仲良しのA子さんとお茶したついでに,あちこちの売り場を覗いていた時に出合ったのだ。
係のオバサマ店員さんが,暇な高校生2人に,パスタマシンで紙をヌードル様に細長く切って実演してくださった。
私とA子さんとは,ほほお! と興じたものだ。

長じて家庭で料理をするようになると,粉を捏ねて延ばすことも増えた。
中国人の知り合いに教えて貰った皮作りから始める餃子やら,そば粉を貰った時のごくたまの麺作りやら。
手で粉を捏ねる大変さと,手で麺棒で均一に延ばす大変さに音を上げて,いつしかそういうことはやらなくなった。
しかし,イチから作れば,文句なしに美味しいことを実感しているので,『パスタマシン』という言葉にそそられる下地は十分にあったわけだ。

P1000027パスタマシンが届いたので,早速,少しだけラザニアとフェットチーネを作ってみた。台所に残っていた200gの強力粉でほんの少しだけ。

パスタを作る間に料理を楽しむモードにスイッチが入ってしまい,冷蔵庫の在り合わせの材料でトマトソースとペシャメルソースを作るのも苦にならない。
ペラペラに薄く仕上げたラザニアを,油分をごくごく控えたソースと合わせて焼いたら,ほんのりと優しい味に仕上がった。 これは病みつきになりそう。 

次は,蕎麦に挑戦しようか,はたまた饂飩かワンタンか?


このパスタマシン,これから100回使えば,元は取れたと言えると思う。
それにしても,私が生きている間にパスタマシンを100回も使うだろうか?,それとも,100回使う前にパスタマシンが錆び付いてしまうのではないか?

どっちだろう…

私が買ったのはインペリア パスタマシーン SP-150という製品だ。

インペリアの製品を買った後,電動パスタマシン アトラスモーターという,電動式が他社から出ていることに気付いた。

200g 程度の粉を麺にするならインペリアの手動式パスタマシーンで不自由はないことは経験済みだけど,粉の量が多い場合は電動式の方が楽でしょうね。
インペリアの後付けモーターは結構高い。

電動式を考慮するなら,最初から電動式のアトラスの方が,どうやらお買い得の模様だ。

コメントは受け付けていません。 | Things

Back to top