標準辞書で,マウスオーバー辞書もどき

2014-2-11

10.6.8 Snow Leopard から、突然、今日、 10.9 Mavericks 一匹狼に変えた人のメモ。

Livedictionary を使うために、OSXのバージョンアップを避けていたのだが。Livedictionary 付きSafariのある快適さを捨てられるか、どうか、試行錯誤の果て、どうにか10.9の標準辞書のマウスオーバー辞書もどきを実現した。

pdfをSafariで開いた図です。単語の上にマウスを置き、(単語をクリックして選択することなく)キーボードで option+D を押すと、自動的に辞書引きを実行します。

辞書引きのたびに、一回一回option+Dを入力するのが手間だけど、ダブルクリックすることの面倒くささに比べたら、何てことないか。

やったことのメモ。 

1. 辞書.app の plist書き換え

~/Library/Preferences/com.apple.symbolichotkeys.plist

1) plutil -convert xml1 com.apple.symbolichotkeys.plist
2) 70」に設定されている「1310720
1048576」に書き換え
3) plutil -convert binary1 com.apple.symbolichotkeys.plist

参考:command+d でマウスオーバー辞書(再び) – マスクメロン

2. /Library/Internet Plug-Ins/QuickTime Plugin.plugin を外してしまう

参考:(これは、自分のところ)
Livedictionary — Just for my reference

3. システム環境設定で、キーボードショートカットを変更
辞書: opt + D   (←これをcmd+Dにすると、辞書.appが開いてしまう)
Safari : ブックマークに追加… を cmd+opt+ctl+d
Terminal: 分割ウィンドウ を cmd+opt+ctl+d

参考:Macの辞書.appをキーボードショートカットで操作する方法 / Inforati
参考:単語の上にマウスカーソルを置くだけでMacの辞書.appで検索する方法 / Inforati

Category: MacOS X Comment »


Leave a Reply



Back to top