Category: Plugin


MovableType3.2 & StatWatch plugin

2005-8-28 — 11:52pm

MovableTypeのPlugin “MTCategoryOfArchive”をチェックしていたら、同じ作者の”StatWatch”が目に入った。
テンプレートにただ<$MTStat$>と記述するだけで統計を取ってくれるらしい。
ただし、”StatWatch”を動かすにはMovableType 3.2が必要だ。


Statwatch日本語版がまだ出ていないMT3.2をインストールしたいと積極的には思わないけど、StatWatchが何だか便利そうなので、おそるおそるMT3.2をインストールしてちょっとだけ試してみた。
StatWatchがあれば、自分で書いたあれこれのエントリーのアクセス数の順位のような、今まで意識しないですごしてきた諸々の統計があまり労せずして手に入る。このお手軽さはスゴイなー。@@ 
まぁ、StatWatchはPluginだから自分でインストールしないと使えないけど、MT3.2自体にも新機能がいっぱいある模様だ。ざっと見た限りだと、従来のMTBlackList pluginのようなスパム対策も、組み込みルーチンになっているし、今までに比較してMT本体が一段と洗練されて高機能になっている。
…MovableTypeは今が繁栄の絶頂期かも知れないなー。 もう少ししたら、別のモノに発展するのではないかしらね。

4 comments » | Install & upgrade, Plugin

Archive Date Header Plugin

2004-12-30 — 1:08pm

plugin ”Archive Date Header Plugin“を導入してみた。
Movable Type の月別アーカイブのリストを、”YYYY年MM月”の羅列ではなく、

2005: 1 2 3 4 5 6…
2004: 1 2 3 4 5 6 7 ..
2003: 1 2 …

のようにスッキリ表示できる。 (例:こちらの右下)


使い方

<MTArchiveList archive_type=”Monthly”>
<MTArchiveDateHeader>
<br /><b><MTArchiveDate format=”%Y”></b>:
</MTArchiveDateHeader>
<a href=”<$MTArchiveLink$>”><MTArchiveDate format=”%B”></a>
</MTArchiveList>

なお、月の並び順は、weblogの設定のdescend,ascendに従う。
従って、weblogの設定が降順なら、月を1〜12月の昇順に並べ替えることは不可能な模様。

Comment » | Plugin

KoalaRainbow

2004-11-11 — 10:32pm

MovableType 3.1 のプラグインセットに入っているKoalaRainbow
Exampleがきれいなので私も試してみたが、Exampleの最初の例を取り込むのがやっとだった。 
導入例は—->> 右の絵  (横軸はエントリーのシリアル番号。縦軸はコメント数らしい。)


右の絵を出すには、Exampleの1行目でファイル名の指定を自分の環境にあわせる必要がある。)

<MTKRVisualization width=”200″ height=”20″ scale=”auto” bg=”color(‘white’)” padall=”3″
filename_dyn=”concat(‘arc/cat_’, mtdirify(mtenv(‘archive_category’)/label), ‘.png’)”>

なお、Exampleの2番目以降は、rebuildするとスクリプトの内部エラーが出てしまった。

Comment » | Plugin

MT-Blacklist 2.01b (MT 3.1 用)のインストール

2004-9-23 — 9:16am

自分のページにぽつりぽつりとスパムなコメントがつくのはイヤな気持ちだ。 


アダルトなサイトに誘導したり、記事の内容に関係ない薬品名やポルノ系の言葉をまき散らしたり…。
以前Uさんに教えていただいた対策のうち、cgiに直接アクセスしてコメントを書かせるスパムロボット的な攻撃を防御するMovableTypeコメントスパム対策は、MovableTypeのバージョンがどんなに変わっても有効な手法で、これをはじめに考えついた人には感心するばかりだ。
それとは別に、わざわざ手書きでスパムなコメントを残して下さるような暇な敵の攻撃には、書きこみの文言をフィルターして弾いてくれるMT-Blacklist もずいぶんと効果があるが、本家で公開中のMT-BlacklistはMT 3.1未対応だ。
MovableType 3.11 に対応するのは、”MT-Blacklist 2.01b”で、このバージョンは MovableType.orgの表紙の plulgin pack の5個のプラグインの1個としてのみ提供されている模様だ。 (さっき、やっと見つけたばかりだが、設定が何だかややこしい。sigh)
…というわけで分かってしまえば単純な
【 MT-Blacklist 2.01b (MT 3.1 用)のインストール手順 】を..
 
 (分かってしまえば単純な手順なのに、readmeが回りくどくて私にはホント分かりづらかった。)
(0. 念のためサーバーのMTのバックアップをとる)
1. MovableType.orgの表紙の plulgin pack をダウンロードして解凍する。
[インストール]
2.ダウンロードした MT-Blacklist -> plugins -> Blacklistのディレクトリ丸ごと
  転送先:     サーバーの/MT/plugin
  (/MT/plugin/Blacklistができる)
3.ダウンロードしたMT-Blacklist -> mt-blacklist-styles.css および mt-blacklist.js
  転送先:     スタティック・ディレクトリ
          (MovavleTypeの”mt.js”が入っているディレクトリ。普通は /MT/直下)
4.ダウンロードしたMT-Blacklist -> images -> Blacklist ディレクトリ
  転送先:     サーバーの/MT/images
  (/MT/images/Blacklistができる)
5.サーバーの/MT/plugins/Blacklist/ の下の2個のcgiファイルのパーミッションを755にする。
[セットアップ]
6.mt-bl-load.cgiを実行する。 
  例: http://Your.Server.jp/cgi-bin/MT/plugins/Blacklists/mt-bl-load.cgi
  この際、最新のblacklist定義ファイルが自動的に読み込まれる模様。
7.MT-Blacklist を使うにチェックを入れる。(赤い背景の部分)
[利用]
mt.cgiのメインメニュー画面の最下部に、MT-Blacklist管理画面へのリンクができるので、そこから入る。
8.Configuration で細かい設定をする。
  (たとえば、古いエントリーへのコメントをモデレート(強制的に保留)する設定で、エントリー投稿後の経過日数を変更する、など)
9.Blacklist 定義
  私が試した範囲では、regex (perlの正規表現)のフィルターが効いていない。(バグの模様)
  仕方なく、キーボードで打つのも汚らわしいような単語(v*****とかp*****など)をいくつか”string” として定義した。

[MT-Blacklist メイン画面 → 左メニューのADD ITEM選択 → "Blacklist String" に汚らわしい単語を指定して Save Blacklist String ボタン]
この手順をくり返す
ご参考までに、私のBlacklist指定単語群をご紹介すると (検索よけのために、随所にハイフンを挿入して表示)
vi****, P*****, texas h-o-l-d, th-ree-th-ree-th-ree, p-o-k-e-r, go-cha, pha-r-mac, med-ic-ine, rou-let-te, etc., etc…

  後はOK. ^^
=========
以上。 (^^)v

12 comments » | Install & upgrade, Plugin

MT-blacklist とMovableType 3.01との相性

2004-8-17 — 9:21pm

MovableType用プラグインの一つであるMT-blacklistのホームページに、MovableType 3とコンパチではないと明示されていたけど、どんな問題が生じるのかについて今日始めて理解した。


weblogのコメント投稿の設定をどんな風に変えても、自動認証の処理を解除できなかったのは、古いMT-blacklistプラグインがMT/pluginディレクトリに残っていたためだった模様…。
(3.01不具合まとめ)
(jさんが、「MT 3.01-D jに変えましたが、コメントは今まで通りできます」と書いておられるのを拝見して、?と思ったのが真実解明のきっかけでした。何げに書いてくださってありがとうございます。^^)

2 comments » | Plugin

Plugin (FilterCategories, OnThisDay)

2004-8-16 — 11:00pm

MovebleType用のプラグインで便利そうなのを二つ見つけた


1. FilterCategories
特定のカテゴリーをカテゴリーのリストから除外する。

こんな風に使う
<MTCategories show_empty=”1″>
<MTFilterCategories exclude=”A and B”>
<a href=”<$MTCategoryArchiveLink$>”><$MTCategoryLabel$></a><br>
<$MTCategoryDescription$><br>
</MTFilterCategories>
</MTCategories>

これを使うと、<MTCategories category=”A and B and C and …”>と長々しく書かずにすむのがメリット。
2.OnThisDay
特定の日のアーカイブと、別の年で同月同日のアーカイブがあればリンクを張る。

こんな風に使う
<MTOnThisDay><MTEntries lastn=”8″>
<MTDateHeader>
<a href=”<$MTEntryLink archive_type=”Daily”$>”>
<$MTEntryDate format=”%Y”$>:</a><br />
</MTDateHeader>
<div class=”side”><$MTEntryTitle$></div>
</MTEntries></MTOnThisDay>

(エントリーが複数年分あれば、)去年の今頃はどうだった?と閲覧するのが楽な点がメリット。

1 comment » | Plugin

Back to top