Category: Server on MacOS X


MySQL 移行メモ

2005-7-30 — 10:07pm

(メモです。MovableType 移転に備えて予習)
目標 lolipop の MySQLデータベースを、Macintosh上のMySQLに移転する。
1.MySQLの準備
2.Navicatのインストール
3.ちなみに、MovableType用にMySQLのデータベースを新規作成する手順は
   Navicatを使い 新規DB構築 新規ユーザー権限を設定する
   mt-load.cgiを実行する
4.lolipopのMySQLデータベースを、Macintosh上のMySQLに移転する
   lolipopのphpMyAdminを利用してデータのダンプをとる
   データの移転
   確認

1.MySQL起動の準備

MacOS X 10.4 Tiger: MySQLインストールメモ 3.の手順
システム環境設定 -> MySQL
 Initialize実行(Macintoshの管理者パスワードが必要)
 Start実行
 MySQL管理者パスワード指定

2.Navicatのインストール

Navicat日本語版を利用する
アプリケーションなので細かい設定が楽。

3.ちなみに、MovableType用にMySQLのデータベースを新規作成する手順は

Navicat 新規DB構築 新規ユーザー権限設定
 MySQLをシステム環境設定から起動
 Navicat起動
 接続ボタンクリック(ユーザー名:root、MySQL管理者パスワード入力)
 データベース作成 (接続メニュー -> 新規データベース)
 ユーザー管理(ユーザー追加。ユーザーパスワード指定。ユーザーにデータ更新・削除の権限を与える

 ユーザーの権限を変更しないと、mt-load.cgi実行の際に次のようなエラーが出る。

An error occurred while loading data: Connection error: Access denied for user: ‘userID@localhost’
An error occurred while loading data: Table ‘mt_author’ already exists at…

mt-load.cgi 実行
(MovableTypeのインストールと、mt-check.cgi実行後)
mt-load.cgi 実行
200
mt.cgiが実行できることを確認する

4.lolipopのMySQLデータベースを、Macintosh上のMySQLに移転する

lolipopのphpMyAdminを利用してデータのダンプをとる
phpMyAdmin -> エクスポート

Pma-1
実行で、.sqlファイルがダウンロードされる。
データの移転
ターミナル su権限で実行

# /Library/MySQL/bin/mysql -uroot -p データベース名 < /Users/xxxxxx/mysqlXX.lolipop.jp.sql
Enter password: <–MySQLの管理者パスワード

青字: ダウンロードしたファイル
(この処理の前に、データ格納先として、ロリポップと同じ名前のデータベースを作る 必要があったかどうか、はっきり覚えてない。
必要ならNaviCatで新規作成する “接続メニュー -> 新規データベース”。
テーブルの作成は不要。)
確認
Navicat 接続メニュー -> 接続を更新 
ロリポップのデータベースがそのまま再現されていればOK。処理完了
(/Library/MySQL/data でも確認できる)

Comment » | Server on MacOS X

MacOS X 10.4 Tiger: CPANモジュール のインストールメモ

2005-7-27 — 9:35pm

(メモです)
1.X Code Tools 2.0 “BSD SDK”のインストール
2.CPAN モジュールのインストール
3.DBI、DBD::mysql その他のインストール


(備考: MacOS 10.3.9ではインストールされているPerlのバージョンが違うので、以下と同じ手順では各モジュールのインストールに失敗する。MacOS 10.3.9でPerlのバージョンをあげればと成功するのかどうかは、試していない。)

1.X Code Tools 2.0 “BSD SDK”のインストール

/System/Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/CORE/config.h

など、2以降の手順にどうしても必要なライブラリ群を用意するため、X Code Tools 2.0(TigerのCDにも付属) の”BSD SDK”をインストールする。
intalling LWP on TIger: “No rule to make target” error参考)

2.CPAN モジュールインストール

MacOS X にあらかじめインストールされているPerlから実行

root# sudo perl -MCPAN -e shell
(略)
return return で進む。アジア、日本、CPANモジュールftpサーバーは指定。
(略)
commit: wrote /System/Library/Perl/5.8.6/CPAN/Config.pm
Terminal does not support AddHistory.

cpan shell — CPAN exploration and modules installation (v1.7601)
ReadLine support available (try ‘install Bundle::CPAN’)
cpan >

cpan > install Bundle::CPAN
(略)
Enter arithmetic or Perl expression: exit
/usr/bin/make test — OK
Running make install
Installing /Library/Perl/5.8.6/Term/ReadLine/Perl.pm
Installing /Library/Perl/5.8.6/Term/ReadLine/readline.pm
Writing /Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/auto/Term/ReadLine/.packlist
Appending installation info to //System/Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/perllocal.pod
/usr/bin/make install — OK
CPAN is up to date.

CPAN: Term::ReadLine::Perl loaded ok
………………..
20 subroutines in Term::ReadLine redefined

cpan shell — CPAN exploration and modules installation (v1.7601)
ReadLine support enabled

cpan>

3.DBI、DBD::mysql その他のインストール

cpan > install Jcode
cpan > install Bundle::LWP
cpan > install DBI
cpan > reload

cpan > install DBD::mysql

DBD::mysqlは、これではinstallできない。MacOS XでMySQLを使うに忠実に以下の処理を実行する。

DBD-mysql-3.0002のダウンロード、解凍。
ターミナルでDBD-mysql-3.0002のディレクトリに移動して。

% sudo perl Makefile.PL –cflags=”-I/usr/local/mysql/include/mysql” –libs=”-L/usr/local/mysql/lib/mysql -lmysqlclient -lz -lm -L/usr/lib -lssl -lcrypto”
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 76.

Cannot find the file ‘mysql_config’! Your execution PATH doesn’t seem
not contain the path to mysql_config. Resorting to guessed values!
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
Can’t exec “mysql_config”: No such file or directory at Makefile.PL line 454.
I will use the following settings for compiling and testing:

cflags (User’s choice) = -I/usr/local/mysql/include/mysql
embedded (guessed ) =
libs (User’s choice) = -L/usr/local/mysql/lib/mysql -lmysqlclient -lz -lm -L/usr/lib -lssl -lcrypto
mysql_config (guessed ) = mysql_config
nocatchstderr (default ) = 0
nofoundrows (default ) = 0
ssl (guessed ) = 1
testdb (default ) = test
testhost (default ) =
testpassword (default ) =
testsocket (default ) =
testuser (default ) =

To change these settings, see ‘perl Makefile.PL –help’ and
‘perldoc INSTALL’.

Checking if your kit is complete…
Looks good
Using DBI 1.48 (for perl 5.008006 on darwin-thread-multi-2level) installed in /Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/auto/DBI/
Writing Makefile for DBD::mysql
root# make
root# make test
root# make install


【参考WEB】
intalling LWP on TIger: “No rule to make target” error
CPAN 初級

Comment » | Server on MacOS X

MacOS X 10.4 Tiger: MySQLインストールメモ

2005-7-26 — 11:38pm

(メモです)
1.MacOS X 用 MySQLのインストール
2.MySQL管理者の設定
3.MySQLユーザーの設定
4.MySQLの新規データベースを作る

1.MacOS X 用 MySQLのインストール

Complete MySQLをダウンロードする。
(1)MySQLインストール
(2)MySQL.prefPaneを/Home/Library/PreferencePanes にコピー

2.MySQL管理者の設定

システム環境設定 -> MySQL -> Initialize
(1)ターミナル画面に変わるので、suのパスワード入力 return
(2)システム環境設定 -> MySQL -> Start
(3)システム環境設定 -> MySQL -> Set root password (Current password は空白, MySQL管理用の新パスワードを入力)

3.MySQLユーザーの設定

ターミナル。su権限で実行

# /Library/MySQL/bin/mysql -uroot -p
Enter password: (システム環境設定でMySQL管理用に設定したパスワード)
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1 to server version: 4.0.21 Complete MySQL by Server Logistics
Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the buffer.
mysql> GRANT CREATE ON *.* TO ユーザー名@”%”
-> IDENTIFIED BY ‘パスワード’ WITH GRANT OPTION;
Query OK, 0 rows affected (0.16 sec)
mysql> GRANT CREATE ON *.* TO ユーザー名@localhost
-> IDENTIFIED BY ‘パスワード’ WITH GRANT OPTION;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.26 sec)
mysql> QUIT;
Bye
#

4.MySQLの新規データベースを作る

(su権限で実行)

# /Library/MySQL/bin/mysqladmin -u (上で作ったユーザー名) -p create データベース名
Enter password: (上で設定したパスワード)
#

【参考WEB】
MacOS XでMySQLを使う
MySQLで新しいユーザーをつくる(リンク切れ中?)

3 comments » | Server on MacOS X

プロバイダ変更

2005-7-24 — 12:15am

うちはケーブルTV経由のネット接続が長い。そのサービス内容には満足していたのだけど、最近のネットサービスの変化に気づいてプロバイダの変更を決心した。
変更の第1の理由は、比較的安い料金で固定IPを取得できるプロバイダが出現しているのに気づいたこと。
自宅用の固定IPはずっと以前から欲しかったのだ。固定IPがあれば、自宅のHDを安心して大容量のftpサーバーやafpサーバーとして使えると思うので。


第2の理由は、今までCATV接続以外の通信速度は期待できなかった自宅周辺でも、最近は光ケーブル工事が進んだので、電話回線接続を忌避する理由はなくなったこと。
第3は個人情報保護法。 法律はよく分からないものの、ノートPCなどで持ち歩く情報を最小限に留めておくためにも、自宅にもサーバーが欲しくなったのだ。 
(この法律の意図はともかく、情報の携帯性とセキュリティの維持のための市民向けの簡単な技術はあるのかしら?と疑問に感じる。起動にパスワードロックをかけておいても、シングルユーザーモードがあるUNIX系は完全に安心とは言えないし。)
などなど。大小の理由はあるけど、つまり、固定IPが欲しいからNTT東日本のBフレッツ・プロバイダパックに申し込んだのだ。 盛夏を過ぎる頃には私の自宅IPアドレスは変わるはずだ。
うちはMacしかないのでそれなりのセキュリティは確保できると思うし、自宅のHDなら自由に使える容量は大きいし、ftpサーバーやafpサーバーとしてメリットはあると思う。独自ドメインをとろうとか、httpサーバーにしよう、とまでは考えていない。

Comment » | Server on MacOS X

Back to top